ふらのさんブログ

ツーリング/旅、植栽/ガーデニング、DIY、スウェーデンハウス建築記録と共に、日常の生活を綴っています。

前立腺癌告知まで① ~自覚症状~

前立腺癌の早期発見につながったPSA検査(前立腺から分泌されるタンパク質の濃度で、前立腺癌を診断する血液検査)は、たまたま昨年の会社の健康診断でオプションで申し込んで受けたものです。

還暦を迎えることで、高齢男性の病気と言える前立腺の検査をやっておこうという思いと共に、昨年夏あたりから、股間(肛門付近の奥の方で)に違和感を感じるようになっていたのがきっかけでした。

この違和感は、痛みはないのですが、何か物が当たっているような圧迫感があり、1~2ヶ月続いていたので、9月の健康診断でPSA検査を追加しました。

実際にこの違和感は前立腺癌と関係はないのかもしれませんが、当時は、バイクツーリングによる影響や仕事が1日中座りっぱなしのパソコン業務であることが影響しているのでは?と考えていました。

その他には、2年ほど前から、

 ・急に尿意を感じるようになった。

 ・排尿の回数が増えた(頻尿)

 ・排尿の勢いが弱くなった。

などの症状を感じるようになっていましたが、年齢から来ているものと考え、「いよいよ自分もそういう年代になってきたのか。」とそれほど気にしていませんでした。