ふらのさんブログ

ツーリング/旅、植栽/ガーデニング、DIY、スウェーデンハウス建築記録と共に、日常の生活を綴っています。

新穂高紅葉&雪景色ドライブ ~その②~

新型ジムニーで深夜の国道を快走してやって来た新穂高・・・

 

早朝は雲に覆われ小雨が降っていましたが、雲が切れて好天の兆しが見え始めで、一気に期待が高まってきました。

 

写真撮影を打ち切り、8時始発の時間に合わせて、急いでロープウェイ乗場に移動・・・

 

既に乗場には20名ほどお客さんが並んでいて、オープンと同時に切符売り場へ・・・

 

クーポン券を使って購入のため、券売機は使えず、窓口に並びましたが、その間に既に前売り等で切符を持っているお客さんが次々にやって来て、改札の前は結構な行列になっていました。

 

焦っても仕方ないので、順番を待って何とか往復券3000円をクーポン利用して500円で購入・・・

 

改札に並ぶと、周りは紅葉見物の観光客の他に、登山者もいて、皆山頂駅での景色を想い描きながら、順番を待っていました。

 

コロナの関係で、定員の半分程度の乗車率で規制しているため、8時の始発便には乗れませんでしたが、ピストンでの臨時運行のおかげで、第3便くらいで乗車・・・

 

一番下に位置する「新穂高温泉駅」を出発して、6分ほどで中間駅の「鍋平高原駅」に到着しました。

 

中間駅付近は、ちょうど紅葉真っ盛りで写真を撮りたいところでしたが、先を急いで今度は「しらかば平駅」から日本で唯一の2階建てロープウェイに乗り換え、山頂終点駅の「西穂高口駅」に向かいました。

f:id:furano3:20201107193442j:plain

中間駅周辺は紅葉が見頃でした

この2階建てロープウェイも乗車制限で定員は60名ほど・・・ゆったりと乗車できたので、窓際の場所をキープし、移り行く眼下の雄大な景色を眺めました。

 

11分ほどの乗車の間に、車窓の景色は紅葉から雪景色へと変わり、到着した終点駅は周辺は一面真っ白な世界になっていました。

f:id:furano3:20201107193540j:plain

眼下の中間駅付近は紅葉

f:id:furano3:20201107193627j:plain

次第に紅葉から雪景色へ

山頂駅周辺は新雪が積もっていたので、散策は諦め、山頂駅屋上の展望台に移動し、目の前に広がる大パノラマを見物・・・

 

持参した一眼レフカメラを取り出して撮影しながら、雲が取れるのを待ち、10時頃まで1時間以上かいそうし粘りましたが、雲が取れて稜線をきれいに見ることはできなかったものの、思わぬ雪景色を見ることをでき、満足して下山しました。

f:id:furano3:20201107193730j:plain

南西方向 焼岳方向

f:id:furano3:20201107193819j:plain

北側 笠ヶ岳方向

f:id:furano3:20201107193908j:plain


f:id:furano3:20201107194024j:plain

北東側 北アルプス方向

f:id:furano3:20201107194320j:plain

 

(その③に続く)

 

新穂高紅葉&雪景色ドライブ ~その①~

ブログの更新が遅れ気味で、先々週のジムニーでのドライブをレポートします。

 

10月の後半は朝夕の冷え込みが厳しくなり、紅葉も一気に進む中、会社の福利厚生の冊子を見ていると、新穂高ロープウェイの往復乗車券が3000円のところ500円になるクーポンを発見!

 

新穂高ロープウェイは30年くらい乗っていないので、紅葉見物がてら出掛けることにしました。

 

でも、自宅からはかなりの距離があるので、バイクでは少々厳しそう・・・

そこでGWの納車後、ほとんど遠出していない新型ジムニーで出掛けることにしました。

 

日程は現地の天気予報を見て10/25(日)に決定!

 

家族にも声を掛けて誘ってみましたが、遠いこともあってか、用事や課題があると乗り気でないので、私一人で出掛けることにしました。

 

ロープウェイの混雑を予想し、朝8時の運行時間に合わせて、前日の24(土)の夜11時前に自宅を出発・・・

愛知県から岐阜県美濃加茂市へと入り、国道41号を北上しました。

 

深夜で交通量が少なく、久しぶりのR41はバイパスやトンネルなど、整備が進んで走りやすく快走・・・

ただし、7月の大雨で道路が陥没した下呂市小坂町では、復旧工事のため片側交互通行になっていましたが、通行することはでき、その後宮峠を越えて高山市へと入りました。

 

高山市街地から乗鞍方面を目指し、国道158号へと移りましたが、大雨の影響か、崖崩れなどの復旧工事で終日片側通行になっている箇所が連続し、被害の大きさを実感しました。

 

標高を稼ぎ、峠を越えて奥飛騨温泉郷平湯に到着後、今度は国道471号に入り、深夜の福地・栃尾の温泉地を抜けて、3時半ころ道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」に到着しました。

 

予想以上に順調に走行でき、早く到着したので、道の駅で仮眠をしようと立ち寄りましたが、既に駐車場は8割ほど埋まっていて、多くの登山や観光客が車中泊しているようでした。

f:id:furano3:20201104205220j:plain

一番手前が我が愛車ジムニー

私も仮眠するために初めて新型ジムニーの座席を倒してフラットに挑戦・・・

前車のジムニーと違い、新型では荷台部分もフラットになるので、後部荷室ドア側を頭にして、助手席側に足を伸ばすとちょうどいい感じで横になれることを確認しました。

 

しかし、この日はもともと車中泊の予定はなかったので、荷台に置いてあったキャンプマットは利用できたものの、寝袋などの防寒の準備はなく、また運転中のコーヒーと長距離運転で頭が活性し、結局朝まで眠ることはできませんでした。

 

朝6時近くになると、空は薄っすら明るくなってきたので、コンビニで買っておいた菓子パンをかじって朝食を済ませ、ロープウェイ乗場を目指して、道の駅を出発しました。

 

気温は3℃ほどで、夜のうちから降っていた雨は相変わらずで、空は一面雲に覆われており、天気予報のような晴天の望みは薄そう・・・

 「折角、やって来たのに・・・」

と思いつつも仕方がないので、ロープウェイ乗場を確認後、始発時間までの約1時間半、周辺を車で巡り、紅葉風景を撮影して時間をつぶすことにしました。

f:id:furano3:20201104205532j:plain

ロープウェイ中間駅に通じる道

f:id:furano3:20201104205608j:plain

紅葉に囲まれた直線道路・・・何度か往復して撮影

乗場や温泉街周りの紅葉はピークの一歩手前といった感じでしたが、黄色や赤、茶色に緑と、色とりどりの風景を楽しみました。

 

場所を移動しながら撮影をしていると、不意に雲の切れ間から青空が見え始め、雪化粧した山の姿が現れました。

f:id:furano3:20201104205657j:plain

閑散とした駐車場横の鮮やかな紅葉

 

f:id:furano3:20201104205801j:plain

雲が次第に取れて、冠雪の焼岳が・・・

f:id:furano3:20201104205944j:plain

反対側の笠ヶ岳も姿を現し始めました

雲は北から順次流れていて、予報通りこれから晴れ間が広がりそうな状況になり、しかも山頂付近はこの日の冷え込みで冠雪したようで、紅葉と雪化粧が期待できることがわかると、一気に気分が高揚し、そのままロープウェイ乗場へと急いだのでした。

 

(その②に続く)

 

昔ながらの定食屋ツーリング

このところ朝夕はぐっと冷え込むようになり、冬が近づいているのを感じる季節になってきました。

 

紅葉をじっくり楽しみたいところですが、今年の秋は短く、すぐに冬が訪れるような気がします。

 

先々週の週末のことですが、秋雨前線の影響で、晴れと雨が切り替わる天候が続き、10/17の土曜日はしっかりと雨が降りました。

 

翌10/18の日曜日は天気が回復する予報だったので、朝から少しバイクで遠出しようと思っていたのですが、朝起きるとどんよりと曇っていていかにも寒そう・・・

一気にトーンダウンして、2度寝してしまいました。

 

でも折角の休日が勿体ないので、10時過ぎにバイクを小屋から出して出掛けることにしました。

 

目的地は、前の週に続き、昔ながらの定食屋さんを目的に岐阜県八百津町の「三勝屋」さんとしました。

 

「三勝屋」さんは、今年復活してバイクに乗るようになって八百津を走った際に偶然見つけ、その昭和を思わせる懐かしい雰囲気が気に入り、これまで2度ほど訪れていますが、まだ食べてみたいメニューがあったので今回計画・・・

f:id:furano3:20201027234529j:plain

3月に初めて訪れた時の写真

混雑が予想されたので開店時間の11時を目標に走りましたが、八百津の街に入ると、いつもと様子が違って渋滞・・・

どうやら名物の老舗和菓子店に栗きんとんを求めてお客さんが殺到しているようでした。

 

渋滞を抜け、「三勝屋」さんには11:20頃到着・・・

 

いつもは地元の方やライダーのお客さんが多いのですが、この日は年配のご夫婦や家族連れも見かけ、結局順番待ちとなりました。

 

2畳弱ほどの小さな座敷の円卓テーブルが空き(以前から1度座りたかった場所)、予定していた中華そばとカツ丼(並み)を注文・・・

 

最初に出てきた中華そばはスープがあっさり系でしたが昔懐かしい味がして、細い麺に絡ませながら美味しく頂きました。

(チャーシューではなく、豚バラ肉が入っている)

f:id:furano3:20201027234651j:plain

 

中華そばを食べ終える頃、タイミング良く出てきたカツ丼は、一見トロたまごがいっぱいで「あれ?」と思いましたが、たまごの下にしっかりとカツが隠れていました。

f:id:furano3:20201027234738j:plain

たまごの下にしっかりカツが隠れていました

(並)の場合はバラ肉で脂身が多いということでしたが、カツはサクッと揚がっていて、中華そばと共にカツ丼が人気の理由がわかりました。

 

この日は気になっていたメニューを制覇しようと、中華そばとカツ丼を注文しましたが、このところ食が細くなってきたおじさんライダーには少々きつく、ペースダウンしたものの何とか完食することができました。

 

昼食後、出っ張ったお腹を気にしながらバイクに跨り、国道419を走って、いつも立ち寄る「新旅足橋」へ移動・・・

f:id:furano3:20201027234837j:plain

毎回立ち寄る新旅足橋

この日は、ここもいつもと様子が異なり、橋の手前のパーキングに多くの車が停まっていて「あれ?」という感じ・・・

 

理由はこの夏に橋の中央部に設置された日本一の高さ(200m)を誇るバンジーを見学する人が多く訪れていたためでした。

f:id:furano3:20201027234916j:plain

多くの人がバンジーの様子を見学

その後は9月の東濃ツーリング時と同様のルートでそのままR419を東進して恵那市の「坂折棚田」に・・・

 

前回と違って刈り取りの完全に終わっていましたが、しばらく前回と異なる棚田の景色を眺め休憩しました。

f:id:furano3:20201027235002j:plain

 

天気は相変わらずの曇り空で、気温は上がらず15℃前後・・・

 

愛知県瀬戸市へと通じる国道363に入ってからは、風を通す3シーズンのジャンバーでは体が冷えてしまい、ガクガクと身震いするほどでしたが、暑さ寒さを体感できるのもバイクだからこそ・・・

 

こうして気持ちもお腹も満たされた秋のツーリングを終えたのでした。

台風一過の休日 ~その②~

台風一過で晴天となったこの前の日曜日・・・

前の記事でも紹介したように家族で食事&買い物に行ってきましたが、車で走っていても気持ちのツーリング日和だったので、帰宅後すぐにバイクに跨りふらっと出掛けました。

 

行先は愛知県尾張旭市の城山公園・・・

公園の前の休耕田(畑)が毎年コスモスが満開になるので、「そろそろ時期かな?」と立ち寄ってみました。

 

まだ時期が早いのか、コロナの影響で手入れがされていないのか、コスモスの花はわずかしか咲いておらず、見物の人もほとんどいませんでしたが、場所を独占してゆっくり写真を撮ってきました。

f:id:furano3:20201017113110j:plain

コスモス満開にはまだ少し早いようでした

f:id:furano3:20201017113150j:plain

f:id:furano3:20201017113158j:plain

モノクロでも撮影

 

台風一過の休日

この前の週末・・・台風14号がスピードを増したことで、日曜日は晴天となり、ツーリング日和となりました。

 

土曜の夜から「どこに行こうか?」と考えていたもののまとまらず、結局日曜の朝を迎え、気分が乗らないまま出掛けずに見送ってしまいました。

 

でも折角の晴天の休日なので、家族の都合を聞いて、昼食を食べに出掛けることにしました。

 

行き先は岐阜県土岐市にある昔ながらの定食屋「加登屋食堂」さん・・・

f:id:furano3:20201013230427j:plain

昭和10年創業の昔ながらの定食屋さん

ネットで見つけて以前から気になっていたので、家族で出掛けてみました。

 

混雑が予想されたので、11時の開店に合わせてお店に行くと、既に数人開店待ちの人がいました。

 

古い店内に入ると、1階の席(テーブル5つ。コロナ対策で間引き?)はすぐに満席となりました。

 

メニューを眺め、私は一番人気の「みそカツ丼」を、妻と長男は昔ながらの「中華そば」、次男は「唐揚げ定食(3ケ)」を注文しました。

 

「みそカツ丼」はカツの上に目玉焼きがそのまま乗っていて、初めての経験・・・

f:id:furano3:20201013230556j:plain

 

みそは甘めでくどくなく、カツにつぶした黄身を付けながら美味しく頂きました。

 

「中華そば」は子供の頃に食べた濃い目のスープと違ってあっさり系で、少しイメージとは違いましたが、懐かしい味が蘇り、妻と長男共に好評でした。

f:id:furano3:20201013230650j:plain

 

「唐揚げ定食」は3ケ、5ケ、7ケと選ぶことができ、予めボリュームがあることを知っいたので3ケを注文・・・

f:id:furano3:20201013230715j:plain

 

出てきた唐揚げは手のひらサイズで、そのボリュームに次男もびっくり・・・

結局、家族で分けて完食しました。

 

ちなみに「唐揚げ定食」の人気はすさまじく、お客さんの半分以上が注文し、食べきれないものはお持ち帰りしていました。

 

唐揚げの衣に特に味付けは無さそうで、レモンをかけて塩コショーを付けて食べるというシンプルなものでしたが、このボリュームと何か懐かしさを感じるのが人気の秘密でしょうか。

 

私たちが食事中も次々とお客さんがやって来ましたが、2階にも座席があるようで、順次入店・・・

 

ツーリングルートとして人気の国道363号に近いことから、ライダーの来店も多く、帰る時にはお店の前にバイクが10台近く停まっていました。

 

お腹がいっぱいになった後、折角土岐まで来たので「土岐プレミアム・アウトレット」に立ち寄り、少し買い物をして帰宅しました。

 

アウトレットは晴天に誘われてか、近くの駐車場は満車状態で、コロナ禍とは思えないほど多くの人で賑わっていました。

 

岐阜県東濃 長野県南木曽ツーリング ~その③~

更新が遅れていますが、先月の4連休の3日目に出掛けた日帰りツーリングの続きです。

 

岐阜県恵那市の坂折棚田と笠置山に立ち寄った後、東へと進み中津川市へ・・・

国道257号に出て下呂市方面へとしばらく進みました。

 

この頃には陽も高くなり、すっきり晴れてきましたが、真夏と違い、暑くも寒くもなく最高のコンディションで、絶好のツーリング日和になってきました。

 

その後、気持ち良く国道256号、県道3号を走り、道の駅「五木のやかた」に到着・・・

 

この道の駅は目の前の川の対岸にバイク走行の練習コース跡があり、お気に入りのYouTubeで走行可能であることを知り、前回8/2にも訪ねていました。

 

しかし、その時はこの辺一帯の集落の一斉清掃日で、道路や川原の草刈り作業をされていたので、とても練習走行できる雰囲気ではなく断念・・・

今回はそのリベンジということで、再度訪ねてみました。

 

入口の案内板をチェックし、近くの売店で受付を済ませ(ちなみに使用料は無料)で、早速練習コースにトライしてみました。

f:id:furano3:20201003084239j:plain

入口部分に案内板が・・・

f:id:furano3:20201003084314j:plain

対岸に道の駅・・・

f:id:furano3:20201003084341j:plain

f:id:furano3:20201003084353j:plain

練習には最高の天候と環境


コースには一本橋波状路、S字、8の字、クランク、スラロームとひと通りあり、コケないように注意しながら走りました。

 

実際にトライしてみると意外と難しく、20年ぶりのバイク復活で腕がなまったのか(もともと大した技術もありませんが・・・)、思うように走行できず、少々落ち込みました。

 

少し汗をかきながら30分ほどコース走行を楽しみ、いつかまた挑戦することを誓って、次の目的地に出発しました。

 

この日は時間も早く、天候も良かったので、もう少し足を延ばすことにし、国道19号に出た後、長野県南木曽方面に進みました。

 

途中工事で片側通行のため、渋滞があり閉口しましたが、何とか妻籠宿・飯田市方面につながる国道256号の分岐に到着・・・

 

そこから一気に上りのルートを駆け上がりました(とは言っても、先日スピード違反で捕まっているので、スピードはほどほどに・・・)。

 

R256はこれまでもツーリングやドライブで何度も訪れた山越えルートであり、懐かしい景色を思い出しながら走りましたが、途中、利用したことのある土産物店や温泉がコロナの影響か閉鎖されており、ちょっとショックでした。

 

R256の峠付近まで登り切ったところで、今度は県道8号へと入りました。

 

県道8号は大平峠、飯田峠を経て飯田市へと抜ける山間ルートで、道幅は狭く、カーブが連続するのでかなり神経を使いますが、中央アルプスの南端部を抜けるこの道は、他のルートでは味わえない爽快感や雰囲気があり、また、途中休憩でよく利用した峠の茶屋があったので、立ち寄ることにしました。

 

懐かしさを感じつつ、連続するカーブを1つずつこなして標高を稼いでいくと、ようやく峠の茶屋に到着・・・

しかし、残念なことに、茶屋も閉鎖されて営業していませんでした(帰宅後、茶屋のことを調べてみると、数年前に諸般の事情により営業終了になっていたようです)。

f:id:furano3:20201003084452j:plain

茶屋の前の展望所

f:id:furano3:20201003084519j:plain

後ろが茶屋。あの五平餅やおでんが食べたかった・・・

f:id:furano3:20201003084606j:plain


この先、峠越えや大平の宿場跡など見所もあり、進みたい気持ちもあったのですが、まだ昼食を食べておらず、走破は次回に持ち越しとし、Uターンして来たルートを戻りました。

 

R256の妻籠宿手前から、馬籠宿に抜ける峠越えのルートに入り、途中お蕎麦屋さんなどもあったのですが、数日前のぶどう狩りでお蕎麦を食べていたのでパス・・・

 

馬籠宿も観光客が戻って来て混み合っていたのでパス・・・(人混みはどうも苦手なので・・・)

結局、そのまま中津川の市街地に出てR19を進み、帰路に着きました。

 

途中、恵那市のR19沿いに、1度立ち寄ろうとチェックしていた食堂があったのですが、残念ながら月曜定休日でお休み・・・

仕方がないのでそのまま車・信号の多いR19を進み、結局土岐市で遅い昼食を取りました。

 

食事の後もR19を走り、自宅に帰りましたが、家に着いて疲れがどっと出てきました。

 

走行距離は大したことはありませんが、交通量の多いR19の走行が効いたようです。

 

「日帰りツーリングでこんな調子だと、キャンプツーリングや北海道ツーリングでは耐えられないかも?」と感じ、おじさんライダーに体力作りが必要であることを痛感した1日となりました。

岐阜県東濃 長野県南木曽ツーリング ~その②~

先週4連休の3日目、9/21(月)に出掛けたツーリングで恵那市の「坂折棚田」を見学した後、その東側に位置する笠置山(かさぎやま)の山腹ルートへと入り込みました。

 

初めてのルートで、かつ分岐が多いので、都度バイクを停めてGoogleマップで位置を確認して進みました。

 

杉林の続く山腹北側のルートは、舗装された路面で荒れてはいないものの薄暗く、カーブにミラーもないので、対向車に注意しながら慎重に進み、山頂近くまで登りつめ、そこから南側に回ると、目的とした展望台に到着しました。

f:id:furano3:20200928202237j:plain

カーブの連続で、対向車に注意しながら走行

f:id:furano3:20200928202336j:plain

分岐が多く、確認しながら走行

ここ「大岩展望台」はお気に入りで視聴しているYouTubeで紹介されたな場所で、今回訪れようとルートに追加したポイントです。

f:id:furano3:20200928202425j:plain

大岩展望台に到着

その名前の通り、道路脇の大岩をよじ登ると急に視界が開け、眼下に恵那の市街地を見下ろすことができました。

f:id:furano3:20200928202457j:plain

この大岩をよじ登るとその先には・・・

f:id:furano3:20200928202531j:plain

恵那市街を見下ろす大展望がありました

f:id:furano3:20200928202602j:plain

f:id:furano3:20200928202613j:plain

 

動画で見ていたものの、実際に眺めてみると、予想以上の大展望で、いい穴場ポイントを教えてもらい大満足でした。

 

この展望台に到着した時、ちょうど道路の反対側から背中に四角い大きな荷物を背負ったグループを発見・・・

 

登山でもなさそうだし、「何者?」と思っていたら、道路脇の大岩の周りに荷物を降ろし、それを広げるとマットだったようで、岩の周りに敷きつめた後、メンバーの人が順にクライミングを始めました。

 

確かにここ笠置山は巨石がゴロゴロしているので、ロッククライミングを楽しむ人にとっては絶好のポイントのようで、その後も何度かクライマーのグループや車を多く見かけました。

 

展望を楽しんだ後は、山腹南側のルートを下っていき、集落に到着すると、「かかしストリート」と呼ばれる怪しげな場所を発見!

f:id:furano3:20200928202714j:plain

「かかしストリート」

f:id:furano3:20200928202742j:plain

バス停横に熊? これもかかし?

f:id:furano3:20200928202906j:plain

ちょっとリアルなかかし

いくつものかかしが点在し、ユニークなものから結構リアルなものまであって、バイクを停めて写真撮影しながら十分に楽しませてもらいました。

 

~その③に続く~